ブラジル スペシャルティーコーヒー協会

     

 

ブラジルスペシャルティーコーヒーの日本語のサイトです。日本語で表示されているリンクに関しては日本語での記事があります。

右側のバナーをクリックしてください。




目  次
最近のBSCAの動き
COE Brazil2007の開催は取止めとなった経過、理由、問題点について
12月に実施されたBSCAのTASTE OF THE HARVEST 2007について

最近のBSCAの動き

1.
去る 12月7日のBSCAの理事会で、新しい会長が選出されました。これまでのMr. Marcelo W.B. Vieira会長は退任し、2008年の新しい会長に Mr. Gabriel Calvalho Dias が就任します。
2.
12月7日の理事会で、2008年には再度COE Brazil 2008 をBSCAが開催する方向でACE(The Alliance for Coffee Excellence Inc. カップ・オブ・エクセレンス・プログラムの開催実施する機関)と諸条件を折衝することを決定しました。2008年1月11日Miami で開催されるACEの理事会で討議される予定です。
3.
SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)の年次大会イベント SCAJ 2008(有明 東京ビッグサイト)に2008年も参加しブースでの展示を行なうと共に、セミナーを開催する事を理事会で決定しました。

COE Brazil2007の開催は取止めとなった経過、理由、問題点について以下御説明させて頂きます。

1.

当初、 11月6日からEspirito Santo州 Vitoria で COE Brazil 2007 は開催される予定でした。
然し、以下に説明する理由、問題点のため、 11月開催を見送る事になりました。
その後、 Natural Coffee とPulped & Natural, Fully Washed 総てを合わせた国際審査会、Internet Auction を2008年1月中旬―下旬に内容を一部変更して開催する事をBSCA内部で決定し、ACE に申し入れましたが、

@)

同一の国際審査会、称号授与式で、ナチュラル部門と、非ナチュラル部門別々に2つの表彰を行なう事はできない。

A) 2008年はカーニバルが2月上旬で、1月の国際審査会開催の場合は、サンプル送付の時間が必要ゆえ、インターネット・オークションは3月初旬となり、船積みは4月上旬、(日本市場の場合)落札コーヒーの到着ご通関は6月となってしまう。販売が7月からでは、既に次ぎの収穫コーヒーの船積み可能時期となり、余りにも遅すぎる。
B) パルプド・ナチュラル、フリィウォッシュドのコーヒーの脱穀時期が早い場合、3月船積みは余りにも遅すぎ、スペシャルティコーヒーには適さない。これらの理由でBSCAの申し入れ(1月国際審査会開催)はACEの理事会で却下されました。
2.
9月に却下された時点では、国内予備選考、国内審査のスケジュールのため、COE国際審査会の11月、或いは12月開催は時間的に間に合わないので、2007年は、COE2007開催は取止めとなったものです。
3.
BSCAがACEに申し入れた変更条件、何故ナチュラルの参画を強く要望したのか ?、何故国際審査会の開催時期を1月としたのか?何故パルプド・ナチュラル、フリィウォッシュドの脱穀を早くするのか?の理由を下記説明します。
4. 「何故ナチュラルの参画をBSCAは強く要望するのか?」

@) ブラジルのコーヒー生産量の 95%以上はナチュラルコーヒーです。COEBrazilと謳う以上ナチュラルを除外した審査会はあり得ないとの理由です。
A) 当初 1999年にカップ・オブ・エクセレンスが導入された時以降、2001年まではナチュラルも国際審査対象のコーヒーに少しは残っていました。然し、2002年以降はナチュラルは国内審査でふるい落とされ国際審査会に残れない状況となっています。何故か?

ア) ナチュラルは収穫時期が遅く(一般的には8月)天日乾燥工程、その後のサイロでの休息時間を充分取ると、国内審査会に提出できる時期が非常に遅くなります。11月の国際審査会には間に合わないのです。

イ) 早めに国内予選、国内審査会に間に合うように出品した場合、休息時間が不足で、品質的に未完成で国内審査を通りにくいのです。

ウ) この事情を知っている生産者は、ナチュラルコーヒーをカップ・オブ・エクセレンスの審査会のために出品しなくなったのです。
B) BSCAはスペシャルティコーヒーの消費者に是非、昔に比べ大幅に品質が向上したナチュラルコーヒーをカップ・オブ・エクセレンス・プログラムを通じて知って頂きたいと希求するからです。
5. 「何故、国際審査会の開催時期 1月を要望したのか?」

@) ナチュラルコーヒーの国際審査会の時期は、カップ・オブ・エクセレンスは、国内予備選考?国内予選?国内最終審査会?国際審査会の工程を取るので、 3月以降が望ましいのです。この場合は、国内予備選の段階で、休息時間が充分取れた素晴らしい状態で選考会に臨む事が可能です。
A) 然し、パルプド・ナチュラル、フリィウォッシュドは、国際審査会が 11月―12月初旬が時期的に望ましいのです。
B) 二つの異なるコーヒーの審査会を一度に開催するとすると 1月が望ましい事になります。確かに消費国に到着する段階で、既に脱穀精選時期から時間が経過しすぎ、パルプド・ナチュラル、フリィ・ウォッシュドは「古い味」が出始め、せっかくの素晴らしい品質が大きく損なわれます。このため、昨年は(COE2006)は真空アルミパック(窒素充填)としたことは御存知かと思います。
6. 「何故、フリィ・ウォッシュド、パルプド・ナチュラルの脱穀を早い時期に行なうのか?」

@) 一般的に、歴史的には、ブラジルのコーヒーの流通体系は、生産農家 ?チェリーで脱穀精選工場(マキナ)に持ち込む、或いは、乾燥させたチェリーを脱穀精選工場に持ち込む ?脱穀精選工場で乾燥(乾燥前のチェリーが持ち込まれた場合 ?脱穀精選 ?グリーンコーヒーで袋詰め ?保管 ?輸出前に再精選 ?輸出用袋詰め ?輸出 となっています。
A) 従い、ナチュラルコーヒーをチェリーのまま、或いは、パルプド・ナチュラル、フリィ・ウオッシュドをパーチメントのまま、他のロットとは一切混合せず保管・休息させる体制とはなっていないのです。自分で保管設備を持たない生産者がブラジルの全体の 97%以上と見られています。このような生産農家がカップ・オブ・エクセレンス選考会に参画することを奨めるためには、早めに脱穀精選工場で脱穀する事を認めなければなりません。従い、BSCAとしては生産農家の公平を期すため、早めの脱穀精選を認めることをACEに主張したのです。ブラジル以外のCOE参加国は総て「水洗コーヒー生産国」ですので、「早めの脱穀問題」はブラジルだけのものです。
B) BSCAの会員の生産農家は総て、輸出直前まで、ナチュラルコーヒーはチェリーで、他はパーチメントで保管・休息できる容量の大きな貯蔵庫を持っています。然し、BSCA会員以外の多勢の生産者が不利とならないことをACEに主張したのです。

12月に実施されたBSCAのTASTE OF THE HARVEST 2007について

1.
@)

カップ・オブ・エクセレンス2007に代わる新しい試みとして実施されたものです。12月7,8,9日にリオデジャネイロ州のパラティで開催されました。

A) 米国、欧州、日本から、スペシャルティコーヒーロースターを対象とし、各社のチーフカッパーを招聘し、カッピング・セッションを行ない、セッションの後、個々の生産者と、個々のロースターがカッピングの結果を基に、買い付けの折衝を会場で実施しました。カッピングの様子、カッピングの後のディスカッションの各カッパーの意見交換の状況を、生産者は見ていました。自分のコーヒーがどのような評価をされ、どのようなコメントが交わされるかを注視していました。
B)

「テイスト・オブ・ザ・ハーベスト」と「カップ・オブ・エクセレンスの国際審査会」との違いは、「テイスト・オブ・ザ・ハーベスト」は「ブラインド・カッピング」では無く、カッパーはそれぞれのロットは誰が生産ししたのか分かるようになっています。

C) カッピングテーブルは、ナチュラルコーヒーとそれ以外のコーヒーは別になっていましたので、カッパーには評価がやりやすかったと思います。カッピングの仕方は、カップ・オブ・エクセレンスのやり方と全く同じです。即ち、コマーシャルコーヒーのカッピング方法とは全く異なります。
D) 審査方式(カッピング・フォーム)はカップ・オブ・エクセレンスのものを使用しましたが、SCAJ、あるいは、他のカッピング・フォームも使用できました。
2.
国内最終審査はBSCAのカッピングルームで 12月5日、6日に行なわれました。国内最終審査に残ったロットは全部で50ロットです。この中から「テイスト・オブ・ザ・ハーベスト」に進む事ができたのは全部で36ロットでした。
3.

「テイスト・オブ・ザ・ハーベスト2007」に出品できたコーヒーは、総て何らかの認証機関により認証されたコーヒーです。即ち、BSCA,UTZ KAPEH,RAINFOREST ALLIANCE、IBD,SAT,BCS,OKO−GARANTIE 等による認証コーヒーです。

4. 「テイスト・オブ・ザ・ハーベスト2007」出品コーヒーのロット明細

● フリィ・ウォッシュド

農場名

所在地

地域

栽培品種

袋数

Fazenda Tres Rios

Rio Paranaiba

Cerrado Mineiro

Acaia

30 B/S

Fazenda do Retiro

Manhuacu

Zona de Mata

Catuai Vermelho

21

Fazenda Serra do Bone

Araponga

Matas de Minas

Catuai/Catucai

21

Fazenda Santa Rita

Carmo de Minas

Sul de Minas

Bourbon/Icatu

27

Faz.Carmo Estate Coffee

Puoso Alegre

Sul de Minas

Bourbon Amareio

21

Fazenda Mimoso

Barreiras

Oeste da Bahia

Catuai

50

Fazenda Primavera

Capelinha

Norte de Minas

Catuai

40

Fazenda Irarema

Sao Sebastiao da Grama

Mogiana

Bourbon

21

Osvaldo Vieira e Outros

Piraju

Sudoeste de Sao Paulo

Catuai/Mundo Novo/Obata/Tupi

21

Fazenda Catuai

Fortaleza de Minas

Fortaleza de Minas

Iapar/Icatu

30

 

●ナチュラル
農場名
所在地
地域
栽培品種
袋数

Fazenda Rio Brilhante

Coromandel

Cerrado Mineiro

Acaia/MundoNovo

250

Fazenda Sao Joao Grande

Presidente Olegario

Cerrado Mineiro

Catuai Vermelho

30

Fazenda Sao Paulo

Oliveira

Sul de Minas

Mundo Novo

30

Fazenda Caiana

San Francisco de Paula

Sul de Minas

Mundo Novo

30

Fazenda Samambaia

Santo Antonio do Amparo

Sul de Minas

Bourbon Amarelo

22

Fazenda Verde

Rio Paranaiba

Cerrado Mineiro

Acaia

25

Fazenda Pedra Redonda

Araponga

Matas de Minas

Catuai/Catucai

21

Fazenda Passeio

Alfenas

Sul de Minas

Catuai/MundoNovo

300

Paraiso

Carmo de Paranaiba

Cerrado Mineiro

Catuai Amarelo

100

Cachoeira da Grama

Sao Sebastiao da Grama

Mogiana

Bourbon Amarelo

28

Fazenda Canta Galo

Areado

Sul de Minas

Catuai

150

Faz. Carmo Estate Coffee

Puoso Alegre

Sul de Minas

Bourbon Amarelo

21

Fazenda Monte Alegre

Areado

Sul de Minas

Mundo Novo

21

Fazenda Uniao

Patrocinio

Cerrado Mineiro

Mundo Novo

40

Fazenda Cachoeira

Santo antonio do Amparo

Sul de Minas

Mundo Novo

30

Fazenda Catuai

Firtaleza de Minas

Fortaleza d.M.

Iapar/Icatu

30

Fazenda Santa Rita

Rua Capitao Antonio Jose

Sul de Minas

Catuai

30

 
●パルプド・ナチュラル
農場名
所在地
地域
栽培品種
袋数

Fazenda Dona Nenem

Presidente Olegario

Cerrado Mineiro

Bourbon Amarelo

24

Fazenda Rio Brilhante

Coromandel

Cerrado Mineiro

Acaia/Icatu

200

Fazenda Samanbaia

Santo antonio do Amparo

Sul de Minas

Bourbon Amarelo

21

Paraiso

Carmo do Paranaiba

Cerrado Mineiro

Catuai Amarelo

50

Fazenda Lagoa

Monte Belo

Sul de Minas

Bourbon

50

Cachoeira da Grama

Sao Sebastiao da Grama

Mogiana

Bourbon Amarelo

28

Fazenda Passeio

Alfenas

Sul de Minas

Mundo Novo

88

Daterra Atividades Rurais Ltda

Patrocinio

Cerrado Mineiro

Bourbon Amarelo

21

Fazenda Sertaozinho Ltda

Botelhos

Sul de Minas

Catuai

21

5. BSCAより招聘され参加した日本の Importer, Roasters のカッパー

糸井(山田) 優子  

タイムズクラブ
加藤 友昭 ボンタイン珈琲本社
加藤 慶人 ボンタイン珈琲本社
関根 伸慈 ワタル
田代 和弘 田代珈琲
6.

今回の「テイスト・オブ・ザ・ハーベスト2007」に際して買い付けられ日本市場に入荷するコーヒーの明細

農場名
地区
栽培品種
買い付け社名
袋数
Fazenda Santa Rita Carmo de Minas Bourbon/Catuai ボンタイン珈琲
27B/S
Fazenda Caiana Sul de Minas Mundo Novo タイムズクラブ
18
Fazenda Samambaia Sul de Minas Bourbon Amarelo 丸山珈琲
15
Fazenda Santa Rita Sul de Minas Catuai 田代珈琲
30
Fazenda Dona Nenem Cerrado Mineiro Bourbon Amarelo ワタル
24
Fazenda Samambaia Sul de Minas Bourbon Amarelo 丸山珈琲
21
Fazenda Lagoa Sul de Minas Bourbon ボンタイン珈琲
73
Fazenda Cachoeira da Grama Mogiana Borbon Amarelo ワタル
28
Fazenda Passeio Sul de Minas Mundo Novo ボンタイン珈琲
27

以上のように、フリィ・ウォッシュド: 1 ロット 、パルプド・ナチュラル: 5 ロット、ナチュラル: 3 ロット です。
これらの日本が買い付けたコーヒーは、いずれも非常に高得点を獲得したコーヒーですので、入荷後のお客様の評価が楽しみなものばかりです。




BSCA
本部:
P.O.Box:30 - 37130-000
アルフェナス−ミナスジェライス−ブラジルl
電話 : (55-35) 3292-1880 Fax: (55-35) 3291-9077
bsca@bsca.com.br